2011年06月21日

世界一ゆるい番組


Tromso_hurtigruten.jpg

16日から5日間ぶっ続けで国営放送でオンエアされているナゾの番組。
沿岸急行船がベルゲンから北に北に航海していく様子をただ流している。
今日はトロムソに寄航したので街には旗を持ってお出迎え・お見送りする人たちがたくさんいた。
11台のカメラを導入してデッキから、伴走する小型船から、角度を変えて(といってもあまり変化のない)BGMもあったりなかったりで24時間ライブ中継。
途中停泊している間も放送しっぱなし、船内のお掃除おばさんなんかもお掃除の様子が中継されている。
たしかに白夜だしフィヨルドの風景は美しい。
しかしノーカット・ノー編集で客船がのんびり公開する様子を8040分そのまま流すという大胆かつ怠惰な試み。
予想に反して視聴率はとてもよく、人口がおよそ490万人のところ130万人が視聴したという。

仮想豪華客船の旅気分?!と思ったけれど、実際10分くらいで飽きました。



ライブ映像はこちらのリンクから↓
http://www.hurtigruten.com/live
http://nrk.no/hurtigruten/?lang=en




posted by coco at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

ルバーブのマフィン

ヨーロッパに住んでいたらぜひ試してみたい食材:ルバーブ
赤っぽいフキのような見た目で、どうやら野菜のようだがヨーロッパではジャムやパイに使われることが多い。

トロムソではルバーブ意外と見かけない。
今日は街のショッピングセンターの前で適当な感じで売られていたので買ってみた。
"長いの 10kr"
"短いの 8kr"
サイズも値段も適当な感じ。適当に短いのを選ぶ。
Goodfoodという雑誌に載っていたレシピでマフィンを焼く。

rhubarb muffins.jpg

マフィンの上に乗せるクランブルを作るのが億劫だったので、
オランダから買って帰ってきたワッフルの"落とし"をこまかくして代用。
さくさく香ばしくて我ながらすばらしい案だと思った(ワッフルがおいしいので当然の結果だが)。
ルバーブは火を通すと甘酸っぱいイチゴのようなリンゴのようなフルーツに変身する。
初夏の味(他のヨーロッパの地域では春の味です)なのね、と晴天の庭でひとりハイティを。

次はパイに挑戦したいかな。



レシピを見る
posted by coco at 08:13| Comment(4) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。