2010年02月24日

寒すぎる

今朝なんてマイナス18℃だし!
(ちなみにご家庭の冷凍庫がマイナス18℃)

例年にない冷え込みが続くトロムソ。
暖流の影響で冬場の平均気温はマイナス4℃前後のはずが、
かれこれ2週間近くマイナス10℃を下回っている。

マイナス10℃を過ぎるとまず鼻毛が凍る。
マフラーや髪についた呼気もあっという間に凍る。
隣の建物だからといって帽子や手袋なしで出歩くのはもはや危険行為であり、
歩いて10分ちょっとだからといってウールの靴下一枚履きでは凍傷になっても文句は言えない。


240210webcam.jpg


こんなに太陽が照ってる真昼間でマイナス12℃。
ほとんど詐欺である。





posted by coco at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

おされなのるうぇー

オリンピック盛り上がってますかー?
ノルウェー人も時差に負けずにがんばって観戦・応援してますよ。

スピードスケート5000m、イタリアのユニフォームがリアルな"かっこいいドラえもん"に見えることはさておき、
ノルウェーの男子カーリング・チームのパンツがあまりにおされすぎて
おそらく町中に同じパンツの人々が近々あふれ出すに違いない、の件。


curlingpants.jpg


18136_311167414555_311163439555_3276300_4375270_n.jpg



posted by coco at 19:11| Comment(3) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

オーロラ・ウォッチャー

昨晩は大きなオーロラが空を覆った。
ものすごく強い光、というわけではなかったが、
長く広くたなびいて空一面がゆらゆらと燃えているようだった。
妖艶な緑色の生き物は強く弱く散ったり集まったりを繰り返し、数時間もそこで遊んでいた。

latest s.jpg

latestIV s.jpg


友人から教えてもらったウェブサイト。
LIVE Northern Lights activity and forecast
トロムソの夜空と太陽風の活動予報がリアルタイムで見られるスグレモノ。
上の写真もそのサイトのカメラ画像を保存したもの。
(たぶん違法だが)カメラの画像をわたしのブログにも貼ってみた。
夜間30秒ごとに自動更新されるようになっている。
ただし「夜間」とはこちらの夜、すなわち日本とは8時間の時差がある。
早起きしたらオーロラチェック、というのはどうでしょう?




posted by coco at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

母の日とバレンタインとカーニバル

ノルウェー今週の日曜日はお祭りごとが重なった。
母の日とバレンタインデーとカーニバル(謝肉祭)。

新聞に出ていた"街行く人に聞きました"のコーナー、
「今週の日曜日はどんなお祝いをしますか?」という質問に、
ほとんど全ての人が
「母の日を祝う」と答えていた。

バレンタインデーは中央ヨーロッパや北米(あるいは日本)のような盛り上がりはなく、
カーニバルも子供が保育園かなんかで仮装パーティするくらいでほとんどに人は気にも留めていない。
みんな待ちに待った雪がたっぷりと降ったのでもっぱらスキーのことで頭がいっぱいだろうし。


□□□

バレンタインにちなんでチョコレートのお菓子をご紹介。
どこにもって行っても大好評!
まぁクッキー12個にチョコレートが500gも入っていたらどうやってもおいしいよね。
ポイントは冷たい卵を入れることと焼きすぎないこと。






レシピはこちらのリンクから↓
http://www.bbc.co.uk/food/recipes/database/intensechocolatecook_87336.shtml


お試しください。



posted by coco at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

予定変更:北極圏に戻りました

オランダに5月くらいまで滞在する予定だったのだ。
長期間だから、とトロムソの部屋も引き払って荷物もまとめてノルウェーを後にしたというのに、
1月のあたま休暇明け最初のミーティング「トロムソに戻るのがベストじゃないかな」

えぇーー!

オランダで予定していた実験・解析の大部分がぽしゃったこと、
トロムソで書き上げる共著の論文が遅れていること、さらに
おりしもオランダで借りていた部屋の契約が1月末できれる、
ならばそのタイミングでトロムソに戻るのはどうか、ということだった。

3週間で国を出て行けと…

というわけでバタバタと荷造りをし、SASのイジワルな地上乗務員にオーバーウェイトをきっちり払わされて2月の1日にトロムソに戻った。

もちろん以前住んでいたアパートは人手に渡っているし、
そんな到着数日で定住先が見つかるはずもなかった。
しかし持つべきものは友、わたしのような長期出向で夏まで不在の中国人の友人が部屋を使っていいと申し出てくれた。
小さな学生用共同アパートの一室だが、大学にも近いし眠るところがあるというのは大切なこと。
お言葉に甘えて、自前の部屋が見つかるまではここにお世話になろう。

オランダもたくさん雪が降ったり冷え込んだり厳しい冬だったが、
やはり本場は違うね。寒さの深さが違う。
ただ極夜(冬場太陽が昇らない時期)は過ぎて日中は日が出ているので気分的には楽。
朝9時日の出だって悪くない。

080210nfh.JPG
posted by coco at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | Tromsø | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。